全日制と通信制

男女

一昔前は、専門分野を学ぶことができる高校はあまりありませんでしたが、近年は価値観の多様化により専門分野を学ぶことが可能な高校が出てきた傾向にあります。美容に関しては、まだそれほど多いとは言えませんが、着実に生徒数も増えてきている傾向です。種類としては、全日制と通信制の2種類に分かれるところです。全日制でも、県立や都立が主体となって美容に関して教えているところは数少ないです。それよりも、私立高校などが専門の先生を連れてきて授業をする傾向があります。全日制の場合には、授業料は普通科よりも若干高く設定されているところが多いでしょう。やはり専門分野になると、座学だけではなく実習なども含まれるからです。実習の場合には、学校の外で行うこともありますので、その分だけお金がかかる仕組みです。全日制高校に対して、通信制のところも美容分野の学科を立ち上げたところは少なくありません。通信制の場合には、毎日学校に行くことができませんが、毎週一回程度だけスクーリングと呼ばれる授業に出ることが可能です。スクーリングに関しては、絶対に通わなければいけない訳ではありません。もともと通信制の場合、働いている人を対象にしていますので可能な限りきてほしいと伝えられるだけです。ただ通信制といえども、スクーリングに行けば友達を作ることができて魅力ある学生生活を送ることが実現します。

どのような仕組みかを確認する

理美容用品

美容に関する専門的な学習ができる高校は、どのような仕組みになっているでしょうか。専門分野を教わることができても、すべての授業で専門分野だけを教わることが可能かといえばそのようなことはありません。多くの場合、専門分野の授業になるものの、数学や英語などの学習も欠かすことはできません。試験勉強になると、5科目の勉強もしなければなりません。この場合、普通の高校や進学校などと比べると比較的簡単な問題が出題される傾向にあります。これは、生徒に専門分野の勉強にも力を入れて欲しいからとの学校側の考えがあります。当然ながら、専門分野の試験も行うため範囲は膨大になるでしょう。

就職しやすいのか

メイクアップ

専門分野を学んでいる場合には、就職しやすい傾向があります。これは、美容の高校でも例外ではありません。美容の高校の場合には、就職先のひとつとして考えられるところの一つがエステサロンなどです。エステサロンならば、特別な資格は必要ないため、そのまま就職することが可能です。一方で、ごく少数派になりますが芸能人のメイクを担当するような人も出てきます。どちらかといえば裏方の仕事ですが、普段から芸能人に会えることから人気のある職業の一つです。

広告募集中