HOME>イチオシ情報>学歴関係なく資格を目指せる専修学校の概要を知っておく

専修学校の費用はどの位か

笑顔の女性

美容師の資格を得るには養成機関でまず学ぶ必要があります。その養成機関の多くは入学要件として高校卒業以上の学歴が必要ですが、こう高校中退者や中学卒業でも入学し学べる養成機関があります。専修学校制度で高等課程の認可を得ている養成機関では、高校卒業資格は必要なく美容師を目指す事ができます。同時に授業もある為、卒業時には高校卒業の学歴と美容師の両方を得る事ができます。学費は年間120万円程が相場であり、一般の公立高校よりも高くはあり専門学校と同じ位です。早く技術や知識、そして資格を得たい方にも人気で、毎年多くの方が専修学校に入学しています。スケジュールはタイトではありますが、実習もあり国家資格合格率も80%以上と安心して美容師を目指せる事ができます。

資料だけで判断せず体験や説明会に参加を

店内

専修学校は一般の美容専門学校の1コースとして設けられていたり、専修学校と明記されている場合もあります。資料請求して確認し、願書を出す流れはどの教育機関とも同じです。高校中退者や中卒者向けの養成機関と言うわけではなく、様々な年代の方と学ぶ事になります。学校によってその年齢層は変わり、またカリキュラムや校風も変わります。取り寄せた資料だけではわからない事が多いので、実際にオープンキャンパスや説明会に参加する事が大切です。

学費の納付時期等配布物は要確認

女性たち

学費の納付は高校や一般の美容専門学校等と同じですが、学校によって納付期限が分かれている場合もあります。年間4期に分けている所や一括して納付する学校もあるので、その部分の確認は必要です。また初年度には入学金が必要で、2年時には実習費が必要になります。時期によって金額は変わる場合もある事は知っておく必要があります。専修学校では高校教育も学べるので、入学時の配布物に中学卒業者対象の教科費用が別途必要な旨を伝えられます。配布物は必ず確認しておく事も大切です。

広告募集中